" />

大学生活 娘の事 部活動

留学した娘が精神的に強くなったと感じた一言。親としては泣けるほどうれしかった話。

更新日:

留学してから初めのうちは、ホームシックだったり、トラブルだったりでいつも泣きそうになったり、不安に押しつぶされそうになったりで頼りなかった娘。

でも、少しずつ強くなってきた、そんな出来事がありました。

チアダンス部での出来ごと

娘はチアダンス部に入りました。

チアダンスと言えばアメリカですね。アメフトの試合などで花を添えるあのチアダンスです。

こんな感じかな。

チアリーディング

 

 

 

 

 

入部して早々、まじめな娘は自主練に自主練を重ね、一所懸命振り付けを覚えたそうです。娘のコーチは努力や実力を重視して評価してくれようで、入って早々の娘を、今度のホームカミングのアメフトの試合の際の立ち位置でセンターの横にしてくれたとのことでした。

もちろん外された子が存在することになります。その子は泣いていたそうでしたが、娘にはどうすることも出来なかったそうです。

私はそれを聞いて、素直に喜ぶように言いました。でもいつ自分もまた後ろに行くかもわからないし、それは実力の世界だから逆にそのくらいの方が気持ちいいね、と伝えました。

それから数日して、苦手な分野のダンスの時は、また後列に下げられちゃったと娘が教えてくれました。

でもそこで娘が言った言葉、我が子ながらにすごいな、と感心してしまいました。

成長を感じた娘の一言

「どこで踊ろうが、ぶっちゃけ私は自分がキラキラしていれば、それでいい。私自分でキラキラしていると思う」

娘はそういいました。

成長したな・・・。

ちょっと泣きそうになりました。強くなった。

人と比べたり、人をうらやんだりするよりも、自分がキラキラしていればそれでいいという事なんでしょう。

私最近ドラマでやっていたチアダンにはまっていたのですが、その最終回を思い出しました。

リアルチアダン

チアダン見ていた方、ついにチアダン終わってしましましたね。チアダンロスです。

打倒JETS、目指せ、全米制覇で頑張ってきたROCKETS。

全国大会で優勝を逃し、打倒JETS、目指せ、全米制覇もかなわなかった。

みんなが悔し泣きをする中、土屋太鳳ちゃん演じるヒロインのわかばが言った言葉。

「全米制覇、打倒JETSの夢はかなわんかったけど、子供のころみたJETSのように、自分もキラキラできた、私夢かなったかもしれん!」

そんなセリフだったと思います。

娘も同じ心境でしょうか。

そう、自分がキラキラして楽しめればそれが一番なんですね。

羨ましいな。

私はこの先、キラキラすることはあるのかな・・・。

娘の笑顔がまぶしくて仕方ないです。

これを書いている今から2時間後、アメリカの現地時間9/29 14時~大学のアメフトの試合にチアダンス部として初参加です。4時間の応援と、ハーフタイムでは1970年代を意識したダンスをするそうです。

1970年代の衣装をどうするか、大騒ぎでしたが、ネットでジャケットを購入し、今回はちゃんと届いて準備もばっちり。

私も見に行きたいな・・・。娘の姿を想像すると、胸が熱くなります。

幼稚園のお遊戯会からほとんどの行事はみてきたのですが、さすがにアメリカは無理ですね。

親離れ、子離れ😢

ですね・・。

 

かわいい子には旅をさせよ

このブログがこれから留学を目指す方、留学させたい親御様のために少しでもお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキング参加中です。このブログがためになったと思いましたらクリックお願いします!

 

 

 

 

 




  • この記事を書いた人

きっちゃん

きっちゃんです。三人の子供がいます。長女がアメリカの4年制大学に留学中です。留学するにあたり、留学までの経緯や準備したこと、入学の実際、大学生活などを母親の目線からこのブログで紹介しています。これから留学したい方、また留学中の方、そのご両親によんでいただけたら嬉しいです。きっと何かのお役にたてると思っています。 そして悩みの多い留学生活です。このブログを読んで、アドバイスや相談などもしていただけたら嬉しいです。コメント大歓迎です。よろしくお願いします。

-大学生活, 娘の事, 部活動

Copyright© 娘がアメリカの大学に留学します~母が経験した娘の留学のすべて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.