TOEFL 返済不要奨学金

アメリカ大学留学に必須のTOEFLは自分で勉強できるか、否か

投稿日:2018年5月28日 更新日:

アメリカの大学に留学し、返済不要の奨学金を得る必須条件としてTOEFLがあります。このTOEFLの勉強法について娘が実践したことをお話していきます。

TOEFL目標点は

奨学金の出所や学校によってちがいますが、まず娘が目標としたのは70点台。70点あればどこの大学も入学の資格はえられるほどの得点です。娘の希望の大学は、最低でも61点が必要でした。61点以下ならば、入学できないか、ESL(第2外国語としての英語)をとるところからの入学となる大学が多いのです。ESLとは、英語を母国語としない留学生が、英語力を補強するための科目で、単位として認められているところもあれば、単位として認められないところもあります。

TOEFLの勉強方法

まず、何を勉強したらいいかわからず、娘と二人で本屋さんに行きました。TOEFLに出てくる単語と、問題集を購入しました。内容はすこぶる難しく、かなり苦戦していました。見かねた私は、TOEFLの学校みたいなのがあるから、行ってみる?と声をかけました。
高校3年の5月の事でした。

English-innovationsに通う

いくつかの学校はありましたが、ホームページの印象や価格、通いやすさでEnglish-innovationsに体験に行くことにしました。

体験をうけ娘は、すごくわかりやすかった、ここでやらなきゃ無理だよ、、、といいました。TOEFLで点数をとるには攻略法というか、勉強法があるみたいです。夏休みの集中講座を含み30万ほどの支払いをしました。回数は忘れてしまいましたが週二回+週一回無料の自習の日もあり、週三回は通い、通算3ヶ月通っていたと思います。大学受験で予備校に行くならもう少しかかるとおもいます。
学校では韓国のテキストを渡されました。むちゃくちゃ分厚いのです。韓国のテキストは優れているようで、とくに気にならなかったようです。毎日頑張って勉強していましたが、内容が専門的だったり、日本語にしてもわからないような内容が多く苦戦していました。TOEFLをとるには英語力だけではなく、一般的な国語力が必要なように感じました。はじめてここでTOEFLの簡易診断テストのようなものを受けた時、42点しか取れなかったのですが、9月にTOEFLの試験を受け、希望の大学の基準をクリアすることができました。

イングリッシュイノベーションズ公式サイトはこちらより。

http://www.english-innovations.com/

 

テスト当日、会場がざわざわしていてリスニングが聞き取りにくかったそうです。環境も大事になので試験会場の口コミなんかあれば参考にできたらいいですね。

余談ですが、アメリカに大学見学に行った時、鍾乳洞に観光に行ったんです。ガイドさんが説明してくれましたが、なんとTOEFLで鍾乳洞についてのお話があり、内容がよくわかったそうです。意外なところで役立ちましたが、きっと大学に行くと、あ、TOEFLでやったな、なんて事もあるのでしょうね。

TOEFLの点数を短期間でとりたいなら、TOEFLの専門校に行くのは、おすすめだとおもいます。専門校にいかないのであれば、高校の先生や、英会話に行っているならそこの先生に相談してもいいでしょう。ただ、自分で勉強するには相当大変な印象があります。

これからTOEFLを勉強する方、頑張ってくださいね。

(在庫あり)カシオ XD-Z4800BK 電子辞書 エクスワード(高校生モデル・209コンテンツ搭載)(ブラック)(XD-Z4800-BK)(XDZ4800BK)

価格:29,500円
(2018/6/11 01:45時点)
感想(3件)

かわいい子には旅をさせよ。

このブログがこれから留学をめざす方、留学させたい親御さまのために少しでもお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキング参加中です。このブログが役にたったな、と思いましたらクリックお願いします!

留学ランキング

アメリカランキング









-TOEFL, 返済不要奨学金

執筆者:

関連記事

アメリカ飛行地図

進路決定‼ 返済不要の奨学金を獲得してアメリカの大学に留学します

高校2年生ともなると、進路について真剣に考える時期になります。ここでは、返済不要の奨学金を知り、進路決定するまでの過程をお話したいとおもいます。 これから進路を考える方の参考になればうれしいです。 C …

八丈島の宿

アメリカに大学見学に行くことになりました~八丈島での出会いをきっかけに

アメリカの大学に留学することを決めました。 その中でも、どの大学を選んだらいいか悩んでいたころに、家族旅行で八丈島に行ったんです。 そこでの出会いをきっかけに、アメリカへ大学見学に行くことになった、そ …

Learning

留学するにはTOEFL、IELTS何点取ればいいのか?その違いは?

よく聞くTOEFL、IELTS。留学するにはいったどれだけの点数が必要なのでしょうか。 またTOEFL、IELTSの違いってなんでしょうか? Contents1 TOEFL、IELTSの違い2 一体何 …

MONEY

アメリカ留学にかかったお金の話 エージェントでは教えてくれない実体験から

自己紹介

はじめまして。きっちゃんです。
現在長女がアメリカのリベラルアーツの4年制大学に留学中です。
返済不要の奨学金を得て、アメリカの大学に入学しました。留学を決意し、大学を選び、TOEFLをとり、出願。入学準備、入学、そしてはじまった留学生活。
ここまで至るには様々な困難がありました。
そんな時、留学を実際に経験した人の話を聞きたいと心から思いました。この経験がきっかけとなり、ブログを書き始めました。
このブログが、今後留学を考えている親御様、また留学を考えている方、そして留学中の方の参考に、もっと言えば勇気や元気を与えられるブログになれば幸いです。

おすすめ記事一覧

カテゴリー

留学に必要なお役立ち情報一覧

EducationUSA、フルブライト・ジャパン
公的サービスとして、ご自分で留学を実現させる意志のある方を対象としており、主にアメリカの大学・大学院留学希望者への情報提供と相談に応じています。

http://www.fulbright.jp/study/service/index.html

一般財団法人海外留学推進協会は、アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

一般財団法人海外留学推進協会

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

https://www.ryugaku.or.jp

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

グローバルスタディ

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

https://www.global-study.jp

NCN米国大学機構

NCN米国大学機構

日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。http://www.ncn.ac/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

米国VISA申請はこちらから(学生VISA)

公式 米国VISA申請はこちらから(学生VISA

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

米国ESTA(エスタ)申請日本ESTA

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

https://esta.asia/

Jasso

JASSO(日本学生支援機構)

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/