" />

長期休暇

もうすぐ夏休み 知っておきたい航空券と寮の事情

更新日:

早いものです。冬休みを終えた娘を、さみしさをこらえ羽田空港から見送ってから約三か月。

もうアメリカの大学は夏休みを迎えます。

アメリカの学期は2学期制。秋は9月~12月、春は1月から5月。娘の大学は5/2に試験が終わり8月は半ば過ぎに長い夏休みを終えます。

そこで、知っておかなければならないこと、航空券が時期的にバカ高い、休み中の寮は一体どうするのか、その2点について今日は書いていこうと思います。

アメリカの夏休み、日本のGWに始まり、お盆過ぎに終わる・・・てことは?航空券の高さに唖然・・・

娘が帰ってくる、と楽しみにしていたのですが、期末テストが終わる日を聞いてびっくり。なんと日本のGWのどまんなかではありませんか。そして帰国するのは、日本の夏休みの8月、シーズン的に高い時期です。

気になるのは航空券の価格です。

何があるかわからない、やはり格安ではなく公式エアラインで予約したいが・・・

冬休み、娘がアメリカに戻る直前に体調を崩した経験から、キャンセルのきく公式エアラインで検索してみました。

予定通り5/2に試験を終え、翌日5/3に帰国、8/22にアメリカに帰るとしましょう。DELTA、ANA、ユナイテット航空などの公式で航空券を検索すると、往復28~30万前後でした。

安い時期ですと公式でも10万ほどで往復できる路線です。冬休みは比較的高く20万ほどでした。

GWとお盆すぎの航空券がたかすぎる、これも仕方ないことでしょう。

日程をずらすことは可能か?

高いならば日程をずらせばいい、と思うのですがそうもうまくいきません。

日程をずらすには

  1. 友人宅にに少し身を置く
  2. ホームステイをする
  3. 寮に残留させてもらう
  4. 旅行してから帰る
  5. 試験日を変えてもらう(強行策・・・)

これらの方法が考えられます。

1、友人宅に泊めてもらう作戦ですが、娘もその金額に驚き、友人宅に泊めてもらって日程をずらすことを検討していました。しかし、友人との予定はあわず、それはかないませんでした。

2、ホームステイですが、今回は検討しませんでしたが。結局帰国するなら、費用が二重でかかるので、ホームステイをしたい!!!という強い気持ちがなければ、費用節約のために、という意味では現実的ではないでしょう。

3の寮に少し残り日程をずらすことも検討しましたが、寮に残留するにはまた多額の寮費がかかってしまいます。きめられた退寮日をすぎると夏休みの寮費として10万ほどかかるとのことでした。これも結局帰国するなら二重にかかる費用になります。

帰国しないならホームステイをしたり寮に残るのもいいでしょうが、結局帰国するならこの二つは現実的ではありません。さらに娘の大学の寮は、自炊もできない、スーパーが遠いともなると、車のない留学生が寮に夏休み中残るのは考えづらい選択肢にはなります。

4、旅行してから帰国、これも一つの手ですが、5月は航空券が高いので寄り道するなら1か月ほど寄り道して6月に帰国ということになりますが、いくら貧乏旅行しても、一か月ほど旅行するならば、ずらした差額くらいではおさまらない金額になるでしょう。

5の試験日程を変更、これには驚きました。娘がだめもとで試験を前倒ししてもらえないか教授に交渉したそうですが、それはだめでした。まあ、それはそうでしょう。しかしそれが叶うなら5/2に帰国日を一日ずらすだけでも5万ほど節約はできたので、聞いてみる価値はありますね。

結果、日程はずらせない、ということになりました。

ここで問題となる、空港までの足・・

では日程がずらせないとわかったので、予定通り5/3帰国の予定で航空券の検索をすすめていきました。

娘は現在期末試験前、勉強中に航空券を検索し、頭がおかしくなっていましたので、少しサポートしましたが、これがまた結構大変な作業でした。

ここ数日私は体調を崩していたので、さらに娘とやりとりしながらのサポートは本当に大変でした。

まずは5/3の出発時間です。

大学から空港まで100キロあるため、大学の送迎バスに乗らない限り、友人にお願いするか、100キロ先の空港のある街からタクシーを呼ぶかになります。

タクシーを呼ぶとなると片道100㌦かかるので、200㌦ほどかかるでしょう。高いですね・・・。

大学の送迎バスがでるのは5/3の早朝です。

そのため早くても昼すぎの便となりますが、田舎のため昼過ぎの便はあっても高い。安いのは大体早朝便です。

安い夜便は、空港で夜を明かす乗り継ぎが主です。ホテルに泊まるほどの時間もなく空港で夜をあかす。

若いし、大丈夫よ、といってあげたいですが、バックパック1つならまだしも、大きなスーツケースにたくさんの荷物を持っての乗り継ぎを考えると、治安の面だけでなく、かなり大変かと思います。

乗りたい早朝便にのるにはタクシーを呼ぶ、しかし早朝タクシーが時間通りにくる、なんてことはアメリカでは危険なかけ。大体時間通りにはならないと考えていいでしょう。

5/2にタクシーで移動しておいてホテルに泊まる、これも結局費用が掛かります。

結果、大学のバスを利用し、5/3は空港近くのホテルにとまり5/4の早朝便に乗ることにしました。 

これが一番、時間的、金銭的に落ち着く策でした・・・。

航空券は公式?格安?

前回冬休み、アメリカに戻る直前に体調を崩した際、格安航空券はキャンセルしても返金なし、変更もできないが、公式は診断書があればキャンセル無料、なくても手数料で変更可能ということがわかりました。

それを踏まえ公式エアラインを検索しましたが、ANAは残念なことに乗り継ぎ1時間という神業的な航空券しかありません。ユナイテッドもデルタも乗り継ぎのいいものは30万をこえ、悪いものは丸一日乗り継ぎに時間を要するものばかりでした。

もう、体調くずさないように、がんばってもらうしかない、と前回の経験を無視し、結局格安航空券でとることにしました。

格安航空券は、モノによっては予約してから、メールが来て、すぐに決済しなければ無効になるものがある、と

「格安海外航空券買うなら注意が必要。Trip.comがおすすめな理由」 http://ryugakublogs.com/1100/  のブログでも書きました。

私には仕事もありますし、娘もテスト期間中、時差もありなかなかメールに張り付いているのは難しいです。

また娘がアメリカからアクセスすると、つながらないサイトもあり、これもなかなかうまくいきませんでした。そして安いものは極端に乗り継ぎが短いか長い。

ここで活躍したのがやはりTrip.comでした。

 

 

この数日がうそのように、検索を始め1時間ほどで予約完了。5/3のホテルまで予約できました。

5/4早朝出発、乗り継ぎは2時間40分、帰りは8/22乗り継ぎは3時間50分。こんな理想的な航空券が22万4481円でとれました。

もちろん、健康に帰国する前提です。そんな当たり前のことも当たり前でなくなるのが、留学生活なのですが・・・。

長い休み中の寮はどうするの?

休み期間中、部屋はいったん空けるそうです。大量の荷物や電化製品、一年も暮らせばかなりの量になりますが、一旦ロッカーに移すそうです。

これも今回初めてのことで、娘もまだよく把握していないようですが、なかなか大変な作業です。期末テストを死に物狂いで終え、すぐに荷物の移動、帰国準備、翌日帰国。

留学って本当にハードな生活ですね。

まとめ

これはあくまで、娘の大学のことですが、田舎の大学にいこうと思っている方には参考になるのではないでしょうか。

帰国の度に発生する空港までの足問題、航空券が高い時期の長期休暇。乗り継ぎ問題。

都会の大学は学費が高いけれど、公共交通機関やタクシーなどがあり、空港までの足の心配はない、直行便が出ているなら、乗り継ぎの心配もない、比較的航空券も安いわけです。

田舎の寮は食事も付いていて便利、とはいえ休日は食事の提供もなく自炊禁止、スーパーへは歩いていけない。

そこまで知っていたら田舎の大学を選んだか・・・それは今となってはわかりませんが、これから大学を決める方にはぜひ参考にしていただけたらと思います。

食事、買い物、交通の便、住居などの条件が満たされ、学びたい学部があり、学費も許容範囲内。こういう大学を見つけるのは至難の業でしょう。

何を優先するか、自問自答し、親御さんも、それによってどんな問題がおきるか知っておくことも大事かな、と思います。

しかし、大変なことばかりのようですが、娘は確実に成長し、やりがいをみつけ、たくさんの友人をつくり、素晴らしい経験をしています。

もうすぐ成人しますが、過酷な環境である留学生活では、できるだけご両親がみまもり、サポートするのも大事なことと思います。

 

かわいい子には旅をさせよ

このブログがこれから留学を目指す方、留学させたい親御様のために少しでもお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキング参加中です。このブログがためになったと思いましたらクリックお願いします!

 




  • この記事を書いた人

きっちゃん

きっちゃんです。三人の子供がいます。長女がアメリカの4年制大学に留学中です。留学するにあたり、留学までの経緯や準備したこと、入学の実際、大学生活などを母親の目線からこのブログで紹介しています。これから留学したい方、また留学中の方、そのご両親によんでいただけたら嬉しいです。きっと何かのお役にたてると思っています。 そして悩みの多い留学生活です。このブログを読んで、アドバイスや相談などもしていただけたら嬉しいです。コメント大歓迎です。よろしくお願いします。

-長期休暇

Copyright© 娘がアメリカの大学に留学します~母が経験した娘の留学のすべて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.