リベラルアーツ 大学見学

~アメリカ大学見学3日目 ~その1 リベラルアーツの大学について

投稿日:2018年6月2日 更新日:

リベラルアーツの大学で日本人留学生が少ないこと、これが娘の希望する大学の最低限の条件でした。実際にリベラルアーツの大学はどんな様子だったのか、お話していきます。

大学見学当日の朝

いよいよ大学見学当日。ここまで担当者の方とたくさんのやり取りをしてきました。しかし、当日何時にどこで、という案内はなく、送迎してくれたドライバーさんも、具体的には何も聞いていないとのことで、アメリカ式にしたがい、待つことにしました。
そして当日の朝、担当者からメールが来ました。

担当者:Hey Guys !あなた達この街のどこに滞在してるの?迎えに行くからホテルを教えて!
私達:えっとえっと、〇〇ホテルです
担当者:じゃ、〇時に行くね!
そんな感じでした。
どんな人がくるのか、楽しみでしょ?!

登場した担当者の方は、20代後半から30代前半のナイスガイでした。満面の笑みで、歓迎してくれました。
会いたかったです!、ずっとずっと!と抑えきれない思いをぶつけるように、
Nice to meet you, I’m very glad to see youハート(トランプ)

車に乗ると、お絵描きの紙が車内に散乱、私達の緊張が一気にほぐれました。最近2人目のお子さんが産まれたそうで写真を見せてもらいました。めちゃくちゃかわいい!彼はフランスからこの大学に来た留学生で、卒業し、この大学で留学生の担当者をしているそうです。
私達のためにゆっくりクリアな発音で喋ってくれたので、私でも内容は8割方わかりました。ちなみに私は大昔NOVAに通い全く上達しないまま、長女をさずかり、NOVAをやめた人間です。英語力は中学レベル以下と思います。
大学に到着し、留学生がかかわる事務局所に通してくれました。

リベラルアーツの大学はどんな感じ?

まずは事務局にとおしてくれました。
事務局の方は、何でも相談してね!待ってるよ!と優しくてフレンドリーな方ばかりでした。
いく先々で、みんな歓迎してくれたました。図書館、教室、体育館、保健室、パソコンルームなどくまなく案内してくれました。途中すれ違う様々な国籍の生徒達。えがおで挨拶してくれました。アメリカの44州、世界各国約40か国からの留学生が来ているだけあります。様々な国籍の生徒に出会いました。日本人留学生には1人途中ですれ違い、お話することができました。日本人留学生は現在5~6人ほどとのことでした。この大学は留学生が多きので、留学生に対する対応がしっかりなされており、留学生むけの相談室は多々ありますし、保健室には看護師がいて(薬はスーパーで買ってこなければなりませんが)少々のことなら保健室でみてくれるとのことでした。

この大学は、リベラルアーツの大学で教授対生徒が15:1となっており、教室は日本の高校くらいの大きさです。日本の大学のように高い教壇で何百人に講義する、といったスタイルではないため、生徒と教授はより近くまなべます。教授にアポをとれば質問をしに行けます。アメリカの大学では授業に参加することが重視されます。この参加する、の意味合いは日本とは全く意味合いが違うとおもいます。

まず授業をやるために、宿題としてレポート提出などの課題が沢山でるそうで、それが何より大変だそうです。はじめは週末もない、遊ぶ暇もないそうです。でもやったらやったなりの評価があり、わからなければ教えて下さる教授がいます。そして、そこでやっと授業をうけることができるそうです。授業はみんなで作り上げるものなので、いかに貢献できるかが大事だそうです。学内はおもったより広くはなく、アットホームな雰囲気でした。

娘の入る学部に関して マスコミュニケーション学部

娘は現段階で、TOEFLは入学基準を満たしていましたが、ストレートに学部に入るには少し点数が足りていません。

そういう生徒に対し、EnglishPassway(俗に言うELS)のが用意され、英語で学ぶことの準備からスタートすることができます。この大学ではEnglishPasswayも学部の単位となる配慮がなされています。English Passwayの教授は長年留学生をフォローしており、以前は中学生を教えていた教師としては大ベテランです。日本人は真面目だし大好き、上達したらすぐ終了できるわよ、待ってるわーと大歓迎してくれました。

娘の希望の学部はマスコミュニケーションです。最終的に新聞かテレビかラジオにわかれそうで、学内にはラジオブースもあり、卒業しすぐ働けるようになっています。娘は世界中を取材する仕事につきたいそうです。マスコミュニケーションの教授にも会えました。どんなことやりたいのかい?と質問され、娘は色々答えていました。すごいな、娘、堂々としてる。母親ながら感心し、成長を感じました。

大学見学の続きは次回へ続きます。

かわいい子には旅をさせよ。

このブログがこれから留学を目指す方、その親御様のために少しでもお役に立てれば幸いです





人気ブログランキング参加中です。このブログが役に立ったな、と思いましたらクリックお願いします!

留学ランキング

アメリカランキング







-リベラルアーツ, 大学見学

執筆者:

関連記事

Lift

アメリカ大学見学2日目~初めてのLyft

アメリカ大学見学2日目です。 早起きしてカンザスシティのシティマーケットに向かいました。空港近くのホテルから市街地までの交通手段は主にタクシー。ここではアメリカの配車アプリ、Lyftについてお話します …

シガール

アメリカ大学見学1日目~ 日本のお土産は何がいい?

いよいよアメリカに大学見学に出発です。今回お世話になるであろう方に日本のお土産を買っていくことにしました。アメリカ人が好むお土産ってどんなものがあるのでしょうか? またここでは東京~デトロイト~カンザ …

~アメリカ大学見学四日目 ~ Tiger round up

大学見学4日目。大学のある街に到着しました。こんばんは、宿泊行事です。Tiger round upという行事に参加します。 Contents1 Tiger round up 2 娘と別れ家族にLINE …

ミズーリバレー大学

~アメリカ大学見学3日目その2~学食体験・カンザスシティ観光

ここでは、寮、食堂など留学生の生活区域などお話していきます。また日本人留学生を紹介してくださったので、日本人留学生より聞いたお話も紹介します。 帰りに、カンザスシティを観光したのでその情報もおはなしし …

エクスペディア

アメリカの大学見学準備編 ~ホテル予約はExpediaがおすすめ

今回の大学見学準備にはたくさんのミッションがありました。 航空券予約、Visa、レンタカー予約、交通ルールの把握、WiFi、海外旅行保険、知らない町で大学担当者との待ち合わせ、ホテル予約など。アメリカ …

カテゴリー

留学に必要なお役立ち情報一覧

EducationUSA、フルブライト・ジャパン
公的サービスとして、ご自分で留学を実現させる意志のある方を対象としており、主にアメリカの大学・大学院留学希望者への情報提供と相談に応じています。

http://www.fulbright.jp/study/service/index.html

一般財団法人海外留学推進協会は、アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

一般財団法人海外留学推進協会

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

https://www.ryugaku.or.jp

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

グローバルスタディ

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

https://www.global-study.jp

NCN米国大学機構

NCN米国大学機構

日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。http://www.ncn.ac/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

米国VISA申請はこちらから(学生VISA)

公式 米国VISA申請はこちらから(学生VISA

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

米国ESTA(エスタ)申請日本ESTA

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

https://esta.asia/

Jasso

JASSO(日本学生支援機構)

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

英語力アップに必要な英会話学校一覧

バークレーハウス

1973年創業。バークレーハウス。4000名以上を留学させた実績のある語学学校です。留学に必要なTOEFLレッスン提供。
日本有数の歴史あるTOEFLテスト対策学校です。

海外への留学前にTOEFL専門学校で対策

24/4ENGLISH

短期間集中(2ヶ月)専用マンツーマン英会話24/4 ENGLISH
全額返金保証付き

【24/7 ENGLISH】英語の勉強に終止符を

トライズ

トライズは、1年で英語を身につけることができる英会話スクールです。学習時間は週3回のレッスンを含め、1年間で1000時間。一般的な英会話スクールと異なり、楽ではないからこそ確かな成果が出ています。

1年集中型コーチング英会話の「トライズ」

スタディサプリ ENGLISH

リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、過去最高のTOEICRスコアを実現する為の本格的プログラムです。
パーソナルコーチプランでは、オンラインでコーチが徹底伴走。忙しい社会人の方や、短期間で結果を出したい方のために、いつ、何をやればいいのか明確にした一人ひとりの学習プランを作成。TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

関東圏にて、186校の拠点を保有、月謝制で安心価格です。講師はネイティブでおもにCELTA、CertTESOLの英語指導の国際資格を有した人材を採用しています。

入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】