" />

日本学生支援機構第二種奨学金

日本学生支援機構 第二種奨学金(海外)予約採用について 

更新日:

8月に日本学生支援機構第二種奨学金(海外)の予約採用がはじまります。我が家はアメリカの大学に留学するにあたり、返済不要の奨学金はありますが、莫大な費用がかかるため奨学金を借りることにしました。予約採用は留学する1年まえの8月から始まります。ここではその手順を説明します。

 第二種奨学金(海外)予約採用の書類は夏休み前に、学校にもらいに行きましょう

書類は学校を通してもらいます。8月から申込できますので、夏休みになる前に先生や事務の方にもらえるよう手配をおねがいしてください。

書類の記入

娘の学校では封筒の中に必要書類が入っていました。

まず、確認書兼個人信用情報の取り扱いに関する同意書を記入します。ここで本人は、留学する本人、親権者はご両親などそれぞれ自筆になります。我が家は、娘が全部書いて、やり直しになりました。

また入学予定学校名は、申込の時点での学校で構いません。最終的に変更になれば、実際の申請の際変更書を提出します。

次に収入に関する証明書を用意します。母親が専業主婦でも証明書が必要です。また児童手当の受給者の証明書も必要です。

次にスカラネット入力下書き用紙に記入していきます。これはインターネットで奨学金を申し込むのですが、入力に間違えがないか確認するため事前に記入するものです。説明に沿って、穴埋めしていきます。

進んでいくと保証人を記入するところがあります。事前に保証人をお願いしておいてください。ギリギリになって探すのは大変だと思いますので。保証人には、連帯保証人と、保証人があります。連帯保証人は親権者で構いません。保証人は4親等以内の成年親族で、本人および、連帯保証人と別生計の65歳未満となります。我が家は私の兄、本人のおじにおねがいしました。いわゆる借金の保証人になるのですから、しっかりとした説明もしてください。

最後に、奨学金が振り込まれる口座を記入します。本人の口座に限られますので、本人の口座がない場合作っておいてください。

次に留学計画書を記入します。原本の写しが今手元にないので記憶があいまいなのですが、学校名や学部、留学期間など記入したと思います。実際に配られた用紙を参照してください。

それから学校資料も準備します。留学予定大学の学位取得記載資料と日本語訳を準備します。

最後に補足説明&質問票でを記入します。質問票を記入していくと、手続きが間違っていないかの確認になっていきますので読み進めながら記入していください。

提出期限

娘の学校の提出期限は9/1でした。手直しが結構入り2度3度再提出をしていましたので、記入は十分注意し、必要書類、保証人の手配などは早めに準備しておくと安心ですね。

かわいい子には旅をさせよ。

このブログがこれから留学を目指す方、留学させたい親御様のために少しでもお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキング参加中です。このブログがためになったと思いましたらクリックお願いします!

 


アメリカランキング

留学ランキング

 




 




  • この記事を書いた人

きっちゃん

きっちゃんです。三人の子供がいます。長女がアメリカの4年制大学に留学中です。留学するにあたり、留学までの経緯や準備したこと、入学の実際、大学生活などを母親の目線からこのブログで紹介しています。これから留学したい方、また留学中の方、そのご両親によんでいただけたら嬉しいです。きっと何かのお役にたてると思っています。 そして悩みの多い留学生活です。このブログを読んで、アドバイスや相談などもしていただけたら嬉しいです。コメント大歓迎です。よろしくお願いします。

-日本学生支援機構第二種奨学金

Copyright© 娘がアメリカの大学に留学します~母が経験した娘の留学のすべて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.