幼児英語教育

幼児期の英語教育をどう考えるか

投稿日:2018年5月26日 更新日:

幼児教育、特に英語に関しては、早くから始めたほうがいい、という意見と、幼児期よりはじめてもバイリンガルにはなれないし、意味はないんじゃないか、大きくなったら留学すればいいんじゃないか、などと意見が分かれると思います。

我が家の場合はどうだったか少しお話していきます。

英語を始めた時期

正確に言えば赤ちゃんの頃から英語に触れさせていました。

私は、娘が言葉がわからないころから、日本語でも英語でも、毎日本のよみきかせをしていました。

また、カードリーダーにカードを通すと英語がながれるおもちゃや、英語の歌のCDを聞いたり、英語のビデオなんかもよく一緒に見ました。

それは子供と遊ぶなかのひとつであって、英語教育をやるぞー、と力がはいったものではありませんでしたが、私自身、英語の重要性と憧れがあり、そんなことをしていました。

英語を習い始めたのは、幼稚園生のときです。園内でたまたまECCのお教室があり始めたのがきっかけでした。

オンライン英会話

ECCの教育

幼稚園のECCの教室では、ゲームをしたり歌ったり踊ったりが中心でしたが、今思えばこの時の経験がよかったのだと思います。何故なら娘は英語を話すことを恥ずかしがらず、楽しんでいたからです。
ECCは一貫してアウトプットを大事にしているので、間違えても、とにかく話させます。宿題も出ます。なので、よく親子でカードであそびながら単語を覚えたり、一緒に歌ったりして一緒に宿題をやりました。

小学校になると、とにかくテキストを暗記しました。会話文をそのまま覚えるんです。そしてそれを授業でアウトプットの繰り返し。よく、お母さんはDavidね、私がLindaね、と暗記につきあっていました。

中学生になると、相当長い会話文や、お話なんかも丸暗記しました。テスト対策は必要なく、中学レベルの英語は終わっていたので、英語はいつもほぼ満点、その代わり英検2級を目標に、勉強を頑張っていたのもこの時期です。

高校になると、ECCできたえられた、暗記が生かされてきました。スピーチコンテストで都大会一位、そして全国大会まで出場することができました。長文を覚えるの事が苦ではないため、覚えることに時間をかけず、発音の修正や表現力に時間を割くことができたのです。

娘は単語を単語だけでは覚えません。例文ごと丸暗記するんです。ECCの先生がそうやって教えてくれたようです。娘の高校は、外国人や帰国子女の多い高校でしたが、自信をもって会話をしているようでした。

長女は高校3年の春までECCを続けました。TOEFLの勉強に切り替えなくてはならず、泣く泣くECCをやめましたが、ECCはよかった、ほんとに役にたつ、とやめてからもテキストを出して勉強をしていました。

ECCはとにかくアウトプット、宿題を完璧にやって授業で使う、そういうスタイルだと思います。それは、アメリカの大学のシステムに似ているのではないかと思います。

幼児期の英語教育は生かされたのか

結論から言えば、我が家の場合は生かされた、と断言できます。

もちろん、長女のまじめで手を抜けない性格や、宿題はコツコツやる、途中でやめない、ということも大事なエッセンスにはなっていたと思います。

幼児期より英語にふれたことで、まちがえたら恥ずかしい、間違えてはいけない、ただしい文法で、などという気持ちがなくなり、英語をアウトプットできた、それが英語を幼児からやっていた成果ではないでしょうか。

幼児教育をしても無駄、とかネイティブの発音にはなれない、など言われますが、世界にはネイティブのほうが少ないのだそうです。

ネイティブ並の発音を目指すというより、小さい頃から恥ずかしがらず英語が話せる、これが英語を嫌いにならず、英語を長くつづけるコツで、幼児期より英語を始める意味はここにあるのではないか、と娘から学びました。

習い事のすすめ

我が家にはあと2人子供がいますが、幼稚園が違ったこともあり2人とも英語は習っていません。

長男は水泳11年・サッカー3年、次女は水泳6年、長女は英語のほかに、新体操3年・水泳13年・サッカー2年やっていました。

今思えばよくやったな、私、といった感じです(笑)

おかげで子供たちは体を動かすことには自信があります。

幼児期から何かをがんばること=自信が持てる。

その体験を実現させるために、習い事は大きく役に立つと思うんです。好きなもの、やりたことをできるだけ辛抱強く続ける。そして結果を実感する。結果にむすびつかなくとも、継続した満足感や喜びはあると思うんです。

そうはいっても、親は大変です。泣きながら引きずりながら連れていったことも多々ありました。結果がでず、子供と一緒に泣いたり落ち込んだりしたこともありました。つまらない、つまらない、といいながら習い事に通った時期は、お金がもったいないとやめさせようと思ったこともありました。

習い事は、時に親がつらいんです。でもその数倍、子供の成長を感じ、子供とともに成長できるのも習い事。なので、習い事は本当におすすめします。

長女は、大学でサッカー部にはいりたいといっています。なれない留学生活、新しく始めることより得意分野で活躍できるのは、一つ有利ですね。友達もできると思います。スイミングの授業も選択できるので、これで単位一つは楽勝です(笑)

習い事はいつ役に立つかわからない、そういうことです。

お世話になったECCの先生には本当に感謝しています。

ECCジュニアにご興味ある方は下記サイトを参考になさってください。

https://www.eccjr.co.jp/?trflg=1

まとめ

幼児期の英語教育をどう考えるか、それはそれぞれの親の考え、子供の性格によっても大きく変わってくると思います。

幼児期に英語を始めることの最大の利点は、恥ずかしがらずに、間違いを恐れずに英語を喋れる、そして英語を嫌いにならないことではないでしょうか。

そのために、親は、結果ばかりを早急に求めるのでなく、長い目で見ていくことも大事だとおもいます。

 

 

かわいい子には旅をさせよ。

このブログがこれから留学をめざす方、その親御さまのために少しでもお役に立てれば幸いです。


留学ランキング

アメリカランキング
留学ブログランキングに参加中です。このブログが役にたったな、と思ったらクリックお願いします!

 







-幼児英語教育

執筆者:

カテゴリー

留学に必要なお役立ち情報一覧

EducationUSA、フルブライト・ジャパン
公的サービスとして、ご自分で留学を実現させる意志のある方を対象としており、主にアメリカの大学・大学院留学希望者への情報提供と相談に応じています。

http://www.fulbright.jp/study/service/index.html

一般財団法人海外留学推進協会は、アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

一般財団法人海外留学推進協会

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

https://www.ryugaku.or.jp

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

グローバルスタディ

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

https://www.global-study.jp

NCN米国大学機構

NCN米国大学機構

日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。http://www.ncn.ac/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

米国VISA申請はこちらから(学生VISA)

公式 米国VISA申請はこちらから(学生VISA

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

米国ESTA(エスタ)申請日本ESTA

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

https://esta.asia/

Jasso

JASSO(日本学生支援機構)

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

英語力アップに必要な英会話学校一覧

バークレーハウス

1973年創業。バークレーハウス。4000名以上を留学させた実績のある語学学校です。留学に必要なTOEFLレッスン提供。
日本有数の歴史あるTOEFLテスト対策学校です。

海外への留学前にTOEFL専門学校で対策

24/4ENGLISH

短期間集中(2ヶ月)専用マンツーマン英会話24/4 ENGLISH
全額返金保証付き

【24/7 ENGLISH】英語の勉強に終止符を

トライズ

トライズは、1年で英語を身につけることができる英会話スクールです。学習時間は週3回のレッスンを含め、1年間で1000時間。一般的な英会話スクールと異なり、楽ではないからこそ確かな成果が出ています。

1年集中型コーチング英会話の「トライズ」

スタディサプリ ENGLISH

リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、過去最高のTOEICRスコアを実現する為の本格的プログラムです。
パーソナルコーチプランでは、オンラインでコーチが徹底伴走。忙しい社会人の方や、短期間で結果を出したい方のために、いつ、何をやればいいのか明確にした一人ひとりの学習プランを作成。TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

関東圏にて、186校の拠点を保有、月謝制で安心価格です。講師はネイティブでおもにCELTA、CertTESOLの英語指導の国際資格を有した人材を採用しています。

入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】