返済不要奨学金

進路決定‼ 返済不要の奨学金を獲得してアメリカの大学に留学します

投稿日:2018年5月26日 更新日:

高校2年生ともなると、進路について真剣に考える時期になります。ここでは、返済不要の奨学金を知り、進路決定するまでの過程をお話したいとおもいます。

これから進路を考える方の参考になればうれしいです。

日本の大学で交換留学制度のある大学を探す

娘ははじめ、日本の大学に通いながら1年交換留学できる大学を探していました。

国立の外語大学、神田外語大学、テンプル大学を見学してきました。いづれ秋田国際教養大学も見学に行くつもりでした。

上記の大学の見学にいきましたが、娘にはしっくり来なかったようでした。英語を話すにはたった1年の留学では充分ではないと感じていたようでした。また英語ができるだけでは、ダメなんじゃないかとも考えていたようです。
そんな娘を見て、私の頭には海外の大学に4年間留学するのはどうだろう、との考えがありましたが、莫大な費用がかかるため、安易に娘にすすめることが出来ませんでした。

奨学金大国、アメリカ

インターネットで、海外留学、奨学金、返済不要などと検索するうちに目にしたのが、アメリカの大学に、返済不要の奨学金を得て留学ができるという記事でした。

アメリカは奨学金大国で、様々な団体が学生に奨学金を与えています。

奨学金といっても、額もまちまちです。出どころも様々です。

日本には、アメリカの奨学金を紹介する留学生向けのエージェントはたくさんありましたが、仲介料が高いものも少なくありませんでした。その中で、仲介料は一切無料というところがあり、さっそく説明会に参加しました。
高校2年の夏でした。

返済不要の奨学金についての説明会に参加しました

説明会では、返済不要の奨学金の仕組み、大学によって奨学金を得るにはTOEFLの基準も違う、奨学金の金額も違う、などの説明がありました。

私はあらかじめ、学費・寮費・食事代こみで年間300万かかるとしたら、半額の150万の奨学金を出してくれるところがあるから、その中から選ぶなら、留学してもいいよ、と娘に話をしておきました。

半額分の諸学金を出してくれる大学は限られていますので、どうかな、と思いましたが、娘は説明を聞き、その中の大学でいいので、留学したい、と決意したのでした。

返済不要の奨学金を獲得するには

具体的に奨学金とはどんなものなのでしょう。

娘の場合でお話します。奨学金は学校によって金額が異なります。有名どころの大学や、都会の大学は学費が高いうえに奨学金が少ないところが多いです。

奨学金がなくても人が集まるからでしょう。娘の選んだ奨学金を半額を出してくれる大学はどこも田舎の小規模のリベラルアーツの大学でした。

基本的に、奨学金を得るための条件は2つです。

高校の成績が大学の決めた基準にあること、TOEFL、またはIELTSの点数が基準以上にあることです。

成績は日本の評定をアメリカのGPAに換算にします。

3年間すべての成績で換算されるのですが、単位数が多い科目の成績がいいとGPAもあがるなど、いろいろからくりがあるようです。

またクラスランク(クラス内の成績順位)が問われることもありますし、プレイスメントテストといって、数学や英語のテストをやる大学もあります。

TOEFLは学校によって基準がことなります。大体61~71といったところです。以上の条件を満たした場合、返済不要の奨学金を得て入学する資格が得られます。

TOEFL 対策 市ヶ谷駅徒歩1分

留学するならリベラルアーツがおすすめな理由

最近では日本でもリベラルアーツカレッジとか耳にするようになりました。

リベラルアーツとはどんなものなのでしょう。

    • 学生数が500~3000人の小規模で寮制の4年制大学である
    • 研究より教育に力を入れている
    • 専攻を二つとることができる。入学時に専攻も決める必要がない
    • 1クラスの学生数が少ない。学生:教授 15:1くらい

寮があり慣れない土地でも安心、教授との距離が近いことなど加味して、リベラルアーツがお勧めであるのはわかっていただけたでしょうか。

しかし、やっぱりハーバード、とかニューヨーク州立大学がいい、とお考えなら、まずはリベラルアーツで2年勉強し編入することもOKです。

また学費の安い、入学基準の緩いコミュニティカレッジから4年制大学に編入することもよくあるそうです。

アメリカでは、学歴は入学した大学ではなく卒業した大学が学歴となります。ただし、編入の際は単位を落とさないよう、きちんとした計画をたててください。

いよいよ進路に向けて動き始めます。

 

以下我が家が話を聞きに行った留学エージェントです。

有料無料であったり、スポーツ留学を扱っていたり、留学前の語学力アップのサポートが充実しているなど特徴は様々です。

とにかく興味をもったら一度でも足を運ぶといいと思います。

  • 一般財団法人海外留学推進協会

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。https://www.ryugaku.or.jp

  • グローバルスタディ

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

https://www.global-study.jp

  • NCN米国大学機構

NCN米国大学機構の日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。

http://www.ncn.ac/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

かわいい子には旅をさせよ。

このブログがこれから留学をめざす方、その親御さまのために少しでもお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキング参加中です。このブログが役にたったな、と思いましたらクリックお願いします!

 


留学ランキング

アメリカランキング

 









-返済不要奨学金

執筆者:

関連記事

八丈島の宿

アメリカに大学見学に行くことになりました~八丈島での出会いをきっかけに

アメリカの大学に留学することを決めました。 その中でも、どの大学を選んだらいいか悩んでいたころに、家族旅行で八丈島に行ったんです。 そこでの出会いをきっかけに、アメリカへ大学見学に行くことになった、そ …

MONEY

アメリカ留学にかかったお金の話 エージェントでは教えてくれない実体験から

TOFL本

アメリカ大学留学に必須のTOEFLは自分で勉強できるか、否か

アメリカの大学に留学し、返済不要の奨学金を得る必須条件としてTOEFLがあります。このTOEFLの勉強法について娘が実践したことをお話していきます。 Contents1 TOEFL目標点は2 TOEF …

カテゴリー

留学に必要なお役立ち情報一覧

EducationUSA、フルブライト・ジャパン
公的サービスとして、ご自分で留学を実現させる意志のある方を対象としており、主にアメリカの大学・大学院留学希望者への情報提供と相談に応じています。

http://www.fulbright.jp/study/service/index.html

一般財団法人海外留学推進協会は、アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

一般財団法人海外留学推進協会

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

https://www.ryugaku.or.jp

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

グローバルスタディ

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

https://www.global-study.jp

NCN米国大学機構

NCN米国大学機構

日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。http://www.ncn.ac/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

米国VISA申請はこちらから(学生VISA)

公式 米国VISA申請はこちらから(学生VISA

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

米国ESTA(エスタ)申請日本ESTA

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

https://esta.asia/

Jasso

JASSO(日本学生支援機構)

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

英語力アップに必要な英会話学校一覧

バークレーハウス

1973年創業。バークレーハウス。4000名以上を留学させた実績のある語学学校です。留学に必要なTOEFLレッスン提供。
日本有数の歴史あるTOEFLテスト対策学校です。

海外への留学前にTOEFL専門学校で対策

24/4ENGLISH

短期間集中(2ヶ月)専用マンツーマン英会話24/4 ENGLISH
全額返金保証付き

【24/7 ENGLISH】英語の勉強に終止符を

トライズ

トライズは、1年で英語を身につけることができる英会話スクールです。学習時間は週3回のレッスンを含め、1年間で1000時間。一般的な英会話スクールと異なり、楽ではないからこそ確かな成果が出ています。

1年集中型コーチング英会話の「トライズ」

スタディサプリ ENGLISH

リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、過去最高のTOEICRスコアを実現する為の本格的プログラムです。
パーソナルコーチプランでは、オンラインでコーチが徹底伴走。忙しい社会人の方や、短期間で結果を出したい方のために、いつ、何をやればいいのか明確にした一人ひとりの学習プランを作成。TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

関東圏にて、186校の拠点を保有、月謝制で安心価格です。講師はネイティブでおもにCELTA、CertTESOLの英語指導の国際資格を有した人材を採用しています。

入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】