入学の実際

ありえないことがあり得るのがアメリカ 第2弾 続き 寮問題収束まで

投稿日:2018年8月24日 更新日:

女子寮が女子寮でなかった驚きの話は、帰国後5日で収束を迎えました。今後留学する方にも、トラブルが起きた際参考にしていただきたいので、ありのままでお話します。

スキルクラウド

大学がとった対応

【62】ありえないことがありえるのがアメリカ第2弾 ここ、女子寮じゃないんですか?       

のブログでは、

 

女子寮問題は帰国前にエージェントがメールをしたところで終わっていましたね。読んでいただけたでしょうか?

その後のお話をしていきます。

まず、大学の一回目の対応としては、内鍵を強固なものに変更してくれました。鍵を強固な物にしたので絶対行き来はできないから大丈夫、という事でした。

え、でも、これで終わり?

ええ、大学はこれで終わりで考えていたようです。これが最初の大学の対応でした。

娘の反応と実際の寮の中

大学のとった対応に娘は、

薄い扉の向こうに男子がいると、トイレもシャワーも落ち着かない

う〇こできないし、、

といっていました。

そして、時期も悪かったのでしょう。夏休み最後の週末だったので、寮の中はパーティ状態。夜部屋をでると男子がうじゃうじゃいる状態。さらに、オートロックは空きっぱなし。出入り自由状態だったそうです。

リアルタイムに娘とLINE中、なんか寮の中ひとがいっぱい、怖い、スラムみたい・・・といわれると、私も心配で落ち付くことも出来ませんでした。

男子出入り自由、オートロック空きっぱなし。セキュリティは最悪です。

さらに、日本人女子はナンパされやすいので、すぐに、映画見よ、部屋においでと誘われるそうで、実際娘も一日5人は誘われる、でもみんな、昼間仲良しの男子ばかり、どうしたらいい?といった感じでした。

女子寮であれば、寮に戻れば女子だけですので、そういったリスクは減るわけです。あえて、高いリスクの中に身をおく必要はないんです。

そしてまず、女子寮という話ではなかったのか?と私たちは全く大学の初期対応が腑に落ちませんでした。

問題は寮だけではない

入学当時はいろいろな問題が起きるものです。

オリエンテーションや授業も始まっていきます。課題も出ます。寮問題ばかりに時間をとられるわけにも行きません。

さらに、娘に問題が4つ起きました。

  1. Macbook airの設定がうまくいかないこと。 Macbook airを大学の学生専用のサイトとリンクさせなければならないのですが、Googleアカウントの設定からGメールの設定ができないと、授業のスケジュールが見れないし、オンラインで宿題もできないのですが、それがどうやってもうまくいかなかったそうです。パソコンの相談にテクニカルセンターに何度も足を運んでも、あなたのパソコン、クレージーといわれ、テクニカルセンターでもお手上げの状態でした。そこはもう助けてあげれる範疇ではないし、何とか娘自身で解決しなくてはならないことでしたが、いきなりハードルの高い問題に直面していました。この問題は昨日やっと解決したそうです。
  2. ルームメイトのこと。
    寮に入るなり、彼氏が週二回くるけどいい?って言われたそうで、断れなかったそうです。実際に知っている先輩も、ルームメイトが彼氏を連れてきてずいぶん我慢したようで、そんなこと日常的にあるからと、あきらめてしまったそうです。そして入寮したばかりの初めての週末2日間、彼氏はずっと部屋にいたそうです。
    リアルタイムに娘から、
    「今彼氏、部屋にいる、ルームメイトは先に寝ちゃって、彼氏だけ起きてる・・・」とか
    「週末ずっといるんだけど、2日間も・・・」などと実況LINEがくるたび、何も起きませんように、と願うばかりでした。
    幸い私と娘はかなりオープンな関係なので、性についても問題なく話します。
    「そこで、始まったりしたらどうすんの?」など私も平気で娘に聞けますし、娘も、「いいよ、勝手にやってくれ」とたくましいんだか、もう投げやりなんだか。     でも、娘は大抵のことは私に言ってくれのるで、言ってくれればフォローしてあげることができるので、日本にいるうちに性の話をしておいて本当によかったとおもいました。
  3. ベット&リネンで頼んだ寝具が一向に届かない。 私たちの滞在中、何度も娘が大学に、私の寝具が届かないと確認していましたが、来ていないなら、まだなんじゃない?とのことでした。私も業者にメールしたり、オンラインチャットをしてみましたが反応なし。チャットも、出ない状態。これ、やられたのか?と思い困っていました。布団くらい安いし、スーパーで買いなさいと言いましたが(週二回大学がスーパーにつれていってくれる)今回の留学でたくさんお金がかかったのを知っている娘は、もったいないと言ってバスタオルで寝ていたんです。そうしたら、南米出身のルームメイト、気温調整がきついみたいで、クーラーガンガンでタンクトップでも暑いみたいで、冷房弱めると暑いといわれ、まだまだ弱いうちの子は、ヒートテックにパーカー長ズボンで寝ていてついに熱発してしまいました。
  4. 食べれない  娘は前回の大学見学でアメリカの食事があわないことはわかっていました。和食大好きなんです。好き嫌いはないし、食いしん坊なのですが、精神的な緊張もあり前回のアメリカ訪問ではあまり食べれず一週間で本当にやせてしまいました。実は私も。でも、留学したら、慣れるよ、てな考えできたのですが、やっぱりあまり食べれず、それもあり風邪もひいたんでしょう。送られてきた写真、ウエストがだいぶ細くなっていました。でもね、面白いのが、毎日フルーツしか食べていないのに、めちゃくちゃいいう〇こ大量にでるんですって。フルーツしか食べてないとのことで、断食効果で宿便がでたんですかね。

さすがに渡米してこれだけの問題に直面し娘も疲れ果てていました。

公認民泊

もうどうでもいいよ、このままで・・・ジャーナリストになるなら、こんなことなれなきゃいけないし・・と娘から言われました。

母親なので、娘の大変さはよくわかります。でも、安全を守る義務が親にはあるんです。

もう少しがんばろう、と娘を励ましました。

交渉に交渉を重ねて・・・

大学で大変な娘にかわり、日本では私がエージェントさんとも何度もやりとりをしました。せめて住環境と安全は最低限です。短期の旅行や語学留学とは違い、これから寝る間もないくらい勉強し、留学生のハンデものりこえ、単位をとり4年後には学部を卒業するんです。

転職したばかりで有休もない中、職場に事情を話してお休みをもらい、エージェントに会いに行きました。

エージェントも親身になって、何度も大学にメールを入れてくれました。

ただ、アメリカは自己主張しないと、察する文化ではないので、娘からも交渉はした方がいいとのアドバイスをもらいました。ルームメイトにも嫌なことはしっかり伝えること、伝えなければわからないとのことでした。

そして、娘が奨学金をいただいているアメリカの奨学金団体にも連絡が行き、大学がこのような状態をとっていることはおかしいと、奨学金団体からも大学に働きかけしてくれました。大学からも回答がありました。

今回男子の入学が多くこのような状態になったので、男子寮に入った女子もいるそうで、そことチェンジする、またオートロックは常にかかるはずなので、あけっぱなしにしないよう指導するとの回答でした。

そのような経緯があり、やっとルームチェンジができました。同じ寮の2Fで男子はいないそうです。他の階に男子はいるそうなのですが、今後移動することを期待して、今回はこれで収束としました。

アメリカでは困ったときは声を上げる 自己発信すれば助けてくれる 察する文化ではない

これだけ読んでいると、ひどい大学と思われるかもしれませんが、一言でえば、感覚の違いです。日本ではありえないことが、アメリカではそうでもないってことです。

実際娘は今回の問題でたくさんの人相談したり助けてもらったそうです。そしてみんな親切だったと。

そうなんです、アメリカは自分で困っていると発信すれば、助けてくれる、発信しなければヘルプしてもらえない、それだけなんだと思います。基本そしてみんなフレンドリーで優しい。

娘にとって、波乱万丈の幕あけでしたが、結果その分いっぱい英語を駆使し、大学内知り合いもふえ、困ったときはどうしたらいいかが学べて、よかったんだと思います。

 

でも忘れてはならないこと、それは安全の上で成り立つという事。

危機意識が薄い日本人として、アメリカという国に慣れても、娘には自己防衛の意識はしっかり持ち続けてほしいと思います。

 

 

 

かわいい子には旅をさせよ

 

このブログがこれから留学を目指す方、留学させたい親御様のために少しでもお役に立てれば幸いです。

 

人気ブログランキング参加中です。このブログがためになったと思いましたらクリックお願いします!


アメリカランキング

 

 

 


看護師/介護士の転職なら感動画。まずは無料相談!

 

 







-入学の実際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カンザスシティへ到着、娘と過ごす最後の夜~娘のアメリカ留学を見届けに アメリカよりブログ配信中

カンザスシティ空港には予定より1時間遅れ、20時ころに到着しました。まだこちらは明るく夕方くらいの明るさでした。空港についてすぐ、Lyftというタクシー配車アプリでタクシーを呼びました。 Lyftって …

寮の部屋

ありえないことがあり得るのがアメリカ第3弾 頼んだベット&リネンは行方不明 現地購入のすすめ

届いているはずのベット&リネン。7/20発送確認しているのですが、キャンパスマーケットに問い合わせても返信なし大学も把握していない。いったいどこへ行ったんでしょう?? キャンパスマーケット 【39】の …

ミネアポリス空港

いざ入国審査、ミネアポリス空港にて~娘のアメリカ留学を見届けに アメリカよりブログ配信中

娘の大学はミズーリ州にあるリベラルアーツの大学です。大学に行くにはカンザスシティ空港が最寄となります。 カンザスシティに行くにはデトロイト、アトランタ、ミネアポリスなどの主要空港で乗り継ぎをします。今 …

ありえないことがありえるのがアメリカ 第1弾 入学のチェックイン~入寮まで 娘のアメリカ留学を見届けに アメリカよりブログ配信中

大学にようやく到着しました。 ここからの、アメリカを思い知る、たくさんの、出来事がおこります。ありえないことが起きるのがアメリカ。 第1弾です。 Contents1 チェックインの実際2 学費の支払い …

Quesution

ありえないことがありえるのがアメリカ第2弾 ここ、女子寮じゃないんですか?

実は18日アメリカより帰国していましたが、ブログ更新できないほど大変だったんです。それは、娘の寮問題。女子寮ではなかったという、大変びっくりな話。 お話は入寮2日目の朝にさかのぼりますね。 <a …

カテゴリー

留学に必要なお役立ち情報一覧

EducationUSA、フルブライト・ジャパン
公的サービスとして、ご自分で留学を実現させる意志のある方を対象としており、主にアメリカの大学・大学院留学希望者への情報提供と相談に応じています。

http://www.fulbright.jp/study/service/index.html

一般財団法人海外留学推進協会は、アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

一般財団法人海外留学推進協会

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報などを提供。

https://www.ryugaku.or.jp

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

グローバルスタディ

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

https://www.global-study.jp

NCN米国大学機構

NCN米国大学機構

日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。http://www.ncn.ac/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

米国VISA申請はこちらから(学生VISA)

公式 米国VISA申請はこちらから(学生VISA

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

米国ESTA(エスタ)申請日本ESTA

ESTAはアメリカへのビザ無し入国の際に必要です。米国ESTA(エスタ)申請日本語申請ウェブサイト 電子認証代行サイト

https://esta.asia/

Jasso

JASSO(日本学生支援機構)

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

英語力アップに必要な英会話学校一覧

バークレーハウス

1973年創業。バークレーハウス。4000名以上を留学させた実績のある語学学校です。留学に必要なTOEFLレッスン提供。
日本有数の歴史あるTOEFLテスト対策学校です。

海外への留学前にTOEFL専門学校で対策

24/4ENGLISH

短期間集中(2ヶ月)専用マンツーマン英会話24/4 ENGLISH
全額返金保証付き

【24/7 ENGLISH】英語の勉強に終止符を

トライズ

トライズは、1年で英語を身につけることができる英会話スクールです。学習時間は週3回のレッスンを含め、1年間で1000時間。一般的な英会話スクールと異なり、楽ではないからこそ確かな成果が出ています。

1年集中型コーチング英会話の「トライズ」

スタディサプリ ENGLISH

リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、過去最高のTOEICRスコアを実現する為の本格的プログラムです。
パーソナルコーチプランでは、オンラインでコーチが徹底伴走。忙しい社会人の方や、短期間で結果を出したい方のために、いつ、何をやればいいのか明確にした一人ひとりの学習プランを作成。TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

関東圏にて、186校の拠点を保有、月謝制で安心価格です。講師はネイティブでおもにCELTA、CertTESOLの英語指導の国際資格を有した人材を採用しています。

入会されていない方でも参加できる公開レッスン実施中!【シェーン英会話】