" />

留学にかかる費用 返済不要奨学金

アメリカ留学にかかったお金の話 エージェントでは教えてくれない実体験から

更新日:

無事長女が入学し、ここまでにかかった大体の費用が出ましたので、お知らせします。また初年度一年でどれだけ費用がかかるかの概算もだしていきます。

よく検索で留学にかかった費用が出ていますが、あれはあくまで平均的なもの。実際はこのくらいかかるという、細かいところまでだしました。これは、検索でもエージェントさんからも聞けないことだと思います。

留学準備~留学にかかった費用

ワクチン接種 13,848円

TOEFL証明書 2,169円

アメリカで使うためのパソコン(MAC)144,936円

SIMフリーiPhone 66,774円

留学生保険 10か月分 173,70円

ビザ申請(F-1) 17,600円

SEVIS 22,543円

スーツケース 13,000円

電子辞書 34,000円

コンタクト1年分 47,000円

医薬品持参分 6,000円

シーツやリネン 25,000円

下着、服、靴、生活雑貨など1年分 90,000円

現地で買い足したもの 40,000円

前期授業料 790,000円

ドルで持たせた分 現地生活費 22,000円

航空券片道 141,930円

歯科(検診、クリーニング)7,000円

合計 1,467,170円

ここに、後期授業料をくわえると

+後期時授業料790,000円=2,257,170円

ここにさらに生活費毎月5000円~10000円程度加えます。

(寮でも食事は土日は全く出ないところ、土日は夜しか出ないところなどもあります、注意して下さいね)

+60,000円~120,000円=22,631,700円~2,357,170円

ちなみに学費は食費寮費込みです。結構かかりますが、日本の大学に通うのとどのくらい違うのでしょうか?比較してみました。

日本の大学の学費 

文部科学省が公表している「教育指標の国際比較」という調査データがあります。その最新版「平成25(2013)年版」に「19.大学生の学生納付金」というデータがあり、ここにいわゆる授業料をいくら負担しているかが記載されています。

●国立大学
 2012年(平成24年) 入学料:28万2,000円/授業料:53万5,800円/計:81万7,800円
●公立大学
 2012年(平成24年) 入学料:39万7,595円/授業料:53万7,960円/計:93万5,555円
●私立大学
 2011年(平成23年) 入学料:26万9,481円/授業料:85万7,763円/その他:18万7,007円/計:131万4,251円 

引用 マイナビ 学生の窓口 フレッシャーズよりhttps://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/12993

私立大学に行ったと仮定しで比較してみます。
私立大学の初年度納入費:一年間で1,314,251円。
長女の初年度学費+生活費+食費+パソコン+スマホ+衣類などすべて込みで、多く見積もり2,357,170円

この差額は942,919円。

自宅から通えば定期代、遊ぶお金に食費、パソコンやスマホも買って、なんだかんだ90万くらいいってしまうのではないでしょうか。

ここで言いたいのは、もしアメリカ留学を考えていて、費用面であきらめるなら、よーく計算してみることをお勧めします。さほど変わらないかもしれませんし、削れるところはもっと、削れるかもしれません。

注意していただきたいのは、長女の場合返済不要の奨学金を一年間で160㌦いただいているのでこの金額ですが、奨学金によっては莫大な費用が掛かるのは事実です。

また、今回のように親が同行する場合や、必要時行かなくてはならない場合、子供が長期休みで帰国する費用などは含んでいません。

学費が高いといわれる日本、アメリカも同じように学費は高いです。世界には学費のかからない国がたくさんありますので、語学が堪能であれば挑戦してみるのもいいと思います。

学費がかからない、安い国について書いてあるサイト紹介します。

Tatsumaru Times
ブロガー系北欧研究者たっぺいの雑記ブログ since 2011
https://tatsumarutimes.com/archives/5574

ちなみに、今回夫とアメリカに同行した費用がこちらです。

航空券 199,960円×2人分=399,920円
ホテル代金 4泊分 38,423円
夫のパスポート代金 12,000円
夫のESTA 1604円
夫の国外運転免許取得費用 3,100円
Wifi 6,300円
レンタカー 28,000円
現地で使用したおこづかい 70,000円
合計 559,347円

おぼんなので航空券は高い、通常110,000円程度です。
航空券を安くしたいなら都会に留学するのもいいかもしれません。生活費がかからない点では物価の安いお金の使う場所もない田舎がおすすめです(遊ぶところがほんとにない)

留学を考えた時、学費だけでなく、+αがかかること、むしろ+‪α‬がかかるを念頭にいれ、このブログを参考にしていただき、検討していただけると嬉しいです。

 

かわいい子には旅をさせよ

このブログがこれから留学を目指す方、留学させたい親御様のために少しでもお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキング参加中です。このブログがためになったと思いましたらクリックお願いします!

 




  • この記事を書いた人

きっちゃん

きっちゃんです。三人の子供がいます。長女がアメリカの4年制大学に留学中です。留学するにあたり、留学までの経緯や準備したこと、入学の実際、大学生活などを母親の目線からこのブログで紹介しています。これから留学したい方、また留学中の方、そのご両親によんでいただけたら嬉しいです。きっと何かのお役にたてると思っています。 そして悩みの多い留学生活です。このブログを読んで、アドバイスや相談などもしていただけたら嬉しいです。コメント大歓迎です。よろしくお願いします。

-留学にかかる費用, 返済不要奨学金

Copyright© 娘がアメリカの大学に留学します~母が経験した娘の留学のすべて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.